DUGA

よつんばい悪戯 第五章

辱め

「やさしく責めて欲しい。」軽く触られただけでピンクの紐パンにくっきりと染みを作ってしまうアソコは全てを語っていた。切り刻まれたパンストから手が吸い付くような生肌が顔をのぞかせる。触られ、舐められ、恥ずかしい言葉を発せられ、張形を飲み込む内に、要求はエスカレートし始める。「気持ちいいところに当たってる…。大きいのがいい…。」

動画の続きはこちら!
よつんばい悪戯 第五章
「やさしく責めて欲しい。」軽く触られただけでピンクの紐パンにくっきりと染みを作ってしまうアソコは全てを語っていた。切り刻まれたパンストから手が吸い付くような生肌が顔をのぞかせる。触られ、舐められ、恥ずかしい言葉を発せられ、張形を飲み込む内に、要求はエスカレートし始める。「気持ちいいところに当たってる…。大きいのがいい…...