DUGA

HAPPY FISH 竹本千尋

辱め

クラスの友だちには援交を常習し、かなり稼いでいるコもいる。しかし、千尋にとって、それは理解し難い行為だった。(援交なんて、要するに売春じゃん。身体を売って、稼ぐなんて…)その感情はもはや嫌悪感を通り越し、軽蔑していると言っていい。とはいえ、真面目にバイトしてそれなりに稼ぐとなると、遊ぶ時間も削られてしまう。ふとした事から、やけに実入りのいいアンケートのバイトに応じることにした千尋。魔がさした…。としか言いようがないだろう。優等生を絵に描いたような女子校生が、みずから悪の巣窟に足を踏み入れてしまったのだから…。(なんかちょっとアヤシい気もするけど、援交とかするよりよっぽどマシだし)バイト代につられて、1人で密室である事務所に入る、軽率この上ない女子校生。その直後、甘い話には必ず裏がある…という現実を、嫌というほど知ることとなる。いきなり男たちに襲いかかられ、制服ごと身体を撫で回される千尋。「ひやっ、何っ!?やめてください!人を呼びますよ」「どうぞご勝手に(笑)。泣こうが叫ぼうが、外には一切音が漏れない設計なんでね」その言葉でようやく、彼女は自分の身が置かれた状況をはっきり悟ったようだ。もはや逃げ場がないということ…。ギラついた欲望剥き出しの男たちの中に、抵抗の術が全くない女子校生が1人、放り込まれているという事実を…。絶望する千尋の口の中に、有無をいわさずギンギンにいきり勃った肉棒がネジ込まれる。「ぐっ、ぷぷ…」可憐な口内の粘膜に、ナマぐさいオスの匂いが充満。そして口腔を犯すかのように、ズポズポと出し入れが繰り返される。生真面目で、性に対して潔癖な少女にとって、見ず知らずの輩の男根を頬ばること自体、恥辱そのものであった。無論、これはほんの序章に過ぎないのだが…。

動画の続きはこちら!
HAPPY FISH 竹本千尋
クラスの友だちには援交を常習し、かなり稼いでいるコもいる。しかし、千尋にとって、それは理解し難い行為だった。(援交なんて、要するに売春じゃん。身体を売って、稼ぐなんて…)その感情はもはや嫌悪感を通り越し、軽蔑していると言っていい。とはいえ、真面目にバイトしてそれなりに稼ぐとなると、遊ぶ時間も削られてしまう。ふとした事か...

年齢認証

当サイトはアダルト動画を取り扱う成人向けサイトです。18歳以上の方はご自身の責任においてご利用ください。

18歳未満の方はアクセスできません。