狩野千秋

女王様

女王伝 ‐冷酷!W女王奴隷破壊‐

中途半端な奴隷は必要なし。連発ビンタ、金蹴り、キック連打、チン毛剃りに眉毛剃り、羅列するとキリが無い鬼的冷酷攻めの嵐!!極責肉棒睾丸破壊…この作品にエロティックな要素は皆無です。
女王様

虐待が好きな女達 緊縛虐待拷問調教

男を緊縛して、一本鞭、家畜用鞭、竹刀メッタ殴打、蹴り責めで虐待する女…。片足吊り責め、逆海老吊り責め、逆さ吊り責め、人間ブランコで虐待する女…。虐待が好きな女達を集めました。虐待拷問調教される男達の泣き叫ぶ声が圧巻です。
緊縛

SM緊縛講座

女流緊縛師・狩野千秋によるSM緊縛講座。数多くのイベントや緊縛アート公演などに出演しSM女流緊縛師として活躍中の狩野千秋が、自ら動画で緊縛術を伝授する!!緊縛講座内容は、手足の縛り・後手縛り・あぐら縛り・開脚縛りなど勉強になります!!
SM

SM魔女狩り審問会

神父孫娘である神学生(シスター)クラリッサは、心優しき娘であった。ある時彼女は、卑劣な異端審問官(ピエール)の罠により、魔女審判を受けることになってしまう。審問を行うのは、司教ゲルダと異端審問官ピエール。その土地の権力者であり、司教であるゲルダに逆らえる訳もなく、彼女は屈辱の審問にひたすら耐える。新しい拘束具やSMグッズ、責め具が色々登場します。
女王様

9人の女性騎手達 残虐の人間馬調教3

男を人間馬にすることが好きな女性9人の人間馬調教第3弾!「お前は馬よ。馬は騎手様の命令には絶対服従するのよ。わかった?」「走れ、潰れたらお仕置きよ。この駄馬、走れ、私の命令が聞けないの?」
女王様

男を緊縛する女性達 残虐!吊り責め拷問

8人のS女性が、両足縛り吊り責め、逆海老縛り吊り責め、逆さ縛り吊り責めで男を緊縛し、ローソク、人間ブランコ、蹴り責め、一本鞭で拷問する。「フフフ…、お前、女に縛られしかも吊るされ恥ずかしくないの…。これから拷問するわ…」「フフフ…肌にロープが食い込んでるわ。苦しくない?泣け、喚け、吐け…」
女王様

男を飼う女性達 檻監禁・野外屈辱調教

女性が男を檻に監禁し餌を足で与え、野外で人間犬の訓練を徹底する!野外では、首輪を着け、四足で散歩させ、マーキング、犬の調教、、人間椅子、汚れたブーツの清掃、聖水入りの餌を足で踏みつけ食べさせる等、屈辱の人間犬調教の決定版!
女王様

ザ黄金調教 屈辱の女性専用便器

甘美会FemdowWorldビデオの人間便器調教名場面を特集!人間便器調教の決定版!美人OLが威張り散らす上司を人間便器に調教!貞淑な妻が夫を檻に飼い、女性専用便器に調教! 「お前は、今日から人間便器よ。口をお開け、全部食べるのよ」
女王様

お前は、家畜奴隷! 驚異の黄金・野外調教

(24時間、家畜調教の主要内容)8時:檻の中から飼主様に対する忠誠心を養う訓練を受ける。9時:残飯を飼主様の足指で犬のように這いつくばって食べる。11時:近くの公園に犬の散歩 、途中ブーツの清掃、人間灰皿・人間椅子等となり奉仕。広場では犬の訓練を徹底的に受ける。12時:広場で、飼主様の聖水とパンくずで、犬として楽しい食事をする。13時:林の小道、広場を馬として何回も疾駆させられる。最後はたまらず潰れる。14時:両手をロープで吊るされ、鞭打ち、太腿責め、ローソク責め、足責めを受ける。15時:鉄塔で両足吊り責め、逆さ吊り責めで縛られ、嵐のような鞭を受ける。17時:野外から帰る。20時:飼主様の人間便器となり、夕食は黄金を頂く。全部食べきれず、黄金を足で無理矢理食べさせられる。22時:朝8時まで檻に監禁、人間犬として調教。
女王様

女子校生 芽衣 私のパパは、マゾ奴隷

母千秋は、父を奴隷としている。ある日、プレイ中に娘の女子校生芽衣が帰宅した。母は、娘にサドの血が流れているのを見抜き、女王に育てることにした。片足吊り占め、人間ブランコ、逆さ吊り責め等の折檻に参加させ、興味が涌いたところで女王の心構え、服従心を養うための人間馬訓練、ご主人様の命令に絶対服従させるための鞭打ち、足責め、顔面騎乗、ぺニス責めを教えた。朝、パパに食事の準備をさせ、残飯を足で与え、風呂場に連行し、体を洗いホースで浣腸し、聖水を与え湯船で水責めにした。更に、母娘は、ぺニスバンドで責め、父を犯し、粗相したので、娘は父に強烈な1本鞭の洗礼を、母は電気責めをし、絶叫するパパ。3ヶ月後、母の留守中、芽衣はハパを檻に監禁し、足で食事を与え、人間馬を潰れても乗り回し、潰れたお仕置きにビンタ、蹴りを加え、更に激しいバラ鞭・一本鞭を強打し、パパを完全にマゾ奴隷に調教し、立派な女王様に成長していた。
女王様

女拷問人 千秋 拷問 縛り責め

美人モデル千秋は、影の女拷問人だ。今日も、麻薬の在り処を白状させる為の拷問を依頼された。囚人10号は、鞭打ち、太腿による首絞めでも白状しない。そこで、囚人を高手小手縛りから片足吊り責め、両足吊り責め、逆海老吊り責めにし、鞭、ローソク等で拷問した。それでもは白状しない囚人は、一晩中放置された。拷問3日目は、囚人を後ろ手腕絞り、半吊り掛け縛り、逆さ吊り責めにし、嵐のような鞭責め、鞭の痕に熱ロウをかけ、しかも吊り責めの上に千秋の全体重をかけた。…男は命を助けてくれることを条件に遂に白状した。男を助ける条件は、千秋の家畜になることであった。その日から聖水を飲まされ、檻に飼われ、両手・両足を紐で固定され二度と立てない四つん這いにされ、犬・馬としての訓練、ローソク責め等が行われ、生涯家畜10号として生きることとなった。
女王様

女子大生刑罰官 沙千佳 女子大生の暴力支配

沙千佳は、女子大生刑罰官だ。あるとき、学院の学長が「千秋先生に痴漢した罪」で囚人房に送られてきた。沙千佳は、檻に学長を監禁し、囚人28号と命名した。今日も檻の中からブーツを舐めさせ、檻から出し、拷問が始まった。スリッパで思いきりお尻をたたき、お尻をブーツで蹴飛ばし、乳首責め、嵐のようなビンタ等の拷問が繰り返された。28号はたまらず、千秋先生に対する痴漢罪を認めた。女子学院の奴隷におとされ、食事はブーツで踏まれたケーキ、水は小便を飲まされ檻で飼育された。逆海老縛りで足にキッスをし、背中、顔を踏まれ、足でバナナを食べさせられた馬として調教されるが、潰れてしまう。激しい乗馬用鞭、バラ鞭、一本鞭が襲い、完全な奴隷に調教された。ある日、学長候補の千秋先生が訪ねてきた。ライバルの前で、教え子の沙千佳の屈辱的な虐待が始まり、更に千秋先生からも嵐のような鞭打ちが始まった。